お名前.com デスクトップクラウド for MT4をレンタルしてMT4のEAを動かしてみた

Microsoft Remote Desktop システム開発
スポンサーリンク
Pythonプログラミング特集

まずは、お名前.com デスクトップクラウド for MT4の申し込みページに進んでオススメプランの2GBプランをレンタルしようと思います。

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド | GogoJungle

支払い回数は1ヶ月払いですね。

今回は、手続きが簡単なクレジットカード払いを選択します。

申し込みが完了すると、ログイン画面にアクセスできます。

設定が完了すると、リモートデスクトップにアクセスできます。

まずは、1のパスワード設定ボタンを押して、パスワードを自動生成しましょう。

パスワードはランダムに作成されます。

次に、RDPファイルというリモートデスクトップに接続するためのアプリをダウンロード保存しましょう。

RDPファイルをダブルクリックすると、以下のような画面が立ち上がります。

接続ボタンをクリックして先に進みましょう。

接続サーバー、接続ユーザー名、パスワード情報を入力します。

ログインに成功すると、以下のような画面が立ち上がります。

リモートデスクトップはWindowsのアクセサリから起動させることもできますが、最初から必要な設定が入力されているRDPファイルをダブルクリックして起動させた方が早いです。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4には、初めからFX証券会社ごとのMT4インストーラーが用意されています。

まずは、こちらを使いリモートデスクトップにインストールしましょう。

ちなみに、オアンダはサーバーの数か多いです。

ログインするサーバーが見当たらない場合、ブラウザを起動して、公式サイトなどからインストーラーをダウンロードしてください。

同じ証券会社のMT4を複数インストールする場合、インストールした後に保存フォルダの名前を変更することで、繰り返し同じ証券会社のMT4をインストールすることができます。

名前を変えないと、同じフォルダに上書きされるだけなので、必ずフォルダ名を変えて下さい。

インストールが完了したら、ログインIDとパスワードを入力します。

デモ口座とリアル口座を間違えないように。

後は、チャートサイズを整え、インジケーターやEAをインストールしたら完成です。

上の画像では、オアンダでEUR/USDを起動。

楽天のデモ口座でEUR/JPY、GBP/JPY 、AUD/JPYを起動させています。

稼働させるEAの数だけMT4をインストールします。

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドの詳細はこちら【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド | GogoJungle

以下の記事もオススメです。

■オススメ記事
【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドでMT4は何個動かせる?

デスクトップクラウドに外出先からスマホでアクセス出来るアプリ Microsoft Remote Desktop

スポンサーリンク

システム開発
まさやんをフォローする
まさやんの株 FX 経済指標とチャート分析
タイトルとURLをコピーしました