まさやんジェネレーターEAカスタマイズ報告(2021/04/10)

システム開発

感度を細かく設定できるように修正

これまで1,2,3,~10までの10段階で設定していた感度を、より細かく設定できるように修正しました。

推奨を1.5にしました。
感度1は100pips動くとエントリーしますが、1.5なら67pipsです。
1.25なら80pips動くと売買サインが点灯し、2.0なら50pips動くと売買サインが点灯します。

計算式 100÷感度=エントリーするpips

以下のチャートをご覧ください。

上の画像は2010年から2021年4月までの

バックテストの結果ですが、感度を1⇒1.5にすることでトレード回数は倍以上になります。
感度を上げることで勝率は若干下がりますが、トレード回数が増えることでトータルの収支は増えます。
感度を2まで上げると、収支は悪化する傾向があるので、感度1.5がバランス型として最適な設定になります。

バックテストはOANDAのMT5で行っておりますが、ヒストリカルデータに空白の期間がある為、途中抜けている期間がございます。

従って、約7年間の集計とお考え下さい。

ロングのみ新規エントリーする設定を追加

あまり実用性は無いものの、クロス円通貨においてハイパフォーマンスを出す可能性があるので実装しました。

input bool OnlyLong = false; //ロングのみ新規エントリーするtrue ロングとショート両方にエントリーするfalse

こちらのパラメーター設定をtrueにすることで、新規でショートポジションは取らない様になります。

【感度1.5】NZDJPY 16:00~8:00に新規エントリーしない【ロングのみエントリー】

上記リンクでバックテストの詳細データが見れます。

タイトルとURLをコピーしました