統計解析にPythonを使い、株の買い時は下がった時?上がった時?を調べてみた byゆっくり企業解説&決算

YouTube動画紹介 株トレード編
スポンサーリンク
Pythonプログラミング特集

まずはこちらの動画をご覧下さい。

Pythonを使って株価の解析を行いました。

セコム【9735】の株価データを用いて2%以上株価が上昇するときは、その5日前の株価からみて下がった時と上がった時でそれぞれどちらが有利かを調べています。

使用する言語はPythonです。

データの集計方法に癖がありますね、何%以上上がったら(下がったら)その後の株価は上がるの下がるかではありません。

株価が上昇した時に、それ以前の株価の値動きを調べています。
過去に遡って集計する手法ですね。

残念ながらプログラミングに関する話はしていません。

どの様にして集計したのかもう少し詳しく解説してほしいところです。

この様に、Pythonをマスターすることで、株価や為替のデータ分析ができる様になります。
興味のある方は、下記リンクからPythonを習得することをオススメします。

IPOセカンダリー投資分析 ≫ おすすめプログラミングスクール3選!!
おすすめプログラミングスクール3選!!の上場後の株価ついて詳しく知りたくないですか?このページではおすすめプログラミングスクール3選!!の初値が付いた日の終値とその後の株価の推移を効率良く調べることができます。どうぞご覧下さい。
タイトルとURLをコピーしました