【知らないと損】金利までも美味しすぎる爆裂3銘柄(貸株金利でウハウハ生活)

YouTube動画紹介 株トレード編
スポンサーリンク
Pythonプログラミング特集

まずはこちらの動画をご覧ください。

貸株金利でウハウハ生活

動画内で、金利が異常に高い銘柄はお勧めできない銘柄として説明しています。

4479 マクアケ 金利20.00%
6612 バルミューダ 金利14.50%
6195 ホープ 金利13.75%

上記の3銘柄は上場後間もない歴史の浅い銘柄であったり、業績の悪い会社だったりと候補からは外れます。

2338 クオンタムソリューションズ 金利12.75%
こちらの会社も赤字で継続企業の前提に疑義の注記がある会社でNG.

2191 テラ 金利11.00%
こちらは不祥事を出す会社であることから問題外。

以上のように上場後5年以内の銘柄は対象外、倒産リスクのある銘柄も対象外となります。

しかしながら、金利5%とかだと美味しい銘柄が見つかります。

例えば、
3604 川本産業 金利7.00%
マスクの卸の会社でエア・ウォーターが大株主です。
黒字ですし、倒産が無い、PBRも安い、過去に大相場を演じている、配当も合わせれば10%を超える利回りが期待できる等、オススメの銘柄となっております。

6993 大黒屋ホールディングス 金利7.25%
リサイクルショップで中古のブランド品買い取り事業の会社です。
株価は安いが経営は良好で、2022年も黒字、今後不況になってもすぐには倒産しない安心銘柄。
ただし、この記事を書いている2022年6月28日現在、70円の株価となっております。
もし、拾うとしたら30円まで値下がりした時に狙うのがオススメとなっております。

いかがですか?

配当利回りや優待にばかり目が行く長期投資ですが、貸株金利に着目することでお宝銘柄に出会う確率は格段に上がりますね。

タイトルとURLをコピーしました