MT4 プライスアクションEA自動売買「Price Action Trading_M1 EURUSD」のフォワードテスト結果発表 (2021年6月~2022年6月まで)

【FX】EA検証
スポンサーリンク
Pythonプログラミング特集

今日は、ゴゴジャンで販売中のEA「Price Action Trading_M1 EURUSD」のフォワード結果について検証したいと思います。

Price Action Trading_M1_EURUSD - システムトレード - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle
ユーロ米ドル・ポンド円・ユーロ円の1分足チャートに対応したデイトレ・スキャルピング系EA。

このEAは相場の急変動に対しプライスアクションでトレードする1分足専用スキャルEAです。
推奨通貨は「EURUSD」「GBPJPY」「EURJPY」「USDJPY」「AUDJPY」となっております。

日本時間の深夜から早朝にかけてエントリーするいわゆる朝スキャEAの部類に入ります。
年間トレード回数は「EURUSD 1000回」「GBPJPY 1100回」「EURJPY 700回」「USDJPY 500回」「AUDJPY 700回」とトレード回数が多いのが特徴です。

まず、内部のロジックとして、以下の条件の時にエントリーします。
(ショートの条件)
1分足チャートの場合、1時間以内に上昇から下落に転じ、その後前回の高値付近まで到達したらショート。
5分足チャートの場合、約4時間の間で上昇から下落に転じ、その後前回の高値付近まで到達したらショート。

(ロングの条件)
1分足チャートの場合、1時間以内に下落から上昇に転じ、その後前回の安値付近に到達したらロング。
5分足チャートの場合、約4時間の間で下落から上昇に転じ、その後前回の安値付近に到達したらロング。

つまり、1分足の場合でいうと、1時間の短い時間軸におけるレンジ相場での逆張りトレードがこのEAの正体です。

値動きが少ないとポジションを翌日に持ち越す場合がございます。

トレード回数が多い事から、スプレッドの狭い国内FX会社がオススメです。

海外FX会社だとスプレッドが広めなのでお勧めできません。

フォワードテストでは、スプレッドが広めの外為ファイネストを使用しており、ユーロドルは1pipsのスプレッドを想定しております。

バックテストとフォワードテストの結果

資産推移グラフ(オアンダのバックテストとゴゴジャンのフォワードテスト結果)
OANDA Japanのバックテスト結果
外為ファイネストのデモ口座での運用成績

国内FX会社のスプレッドはユーロドルでは0.2pips~0.6pipsなので、日本時間の深夜から早朝にスプレッドが開いてもこのフォワードテスト結果に収まると思います。

外為ファイネストのデモ口座のプロフィットファクターは1.15で、OANDAのバックテストも1.15と同様の成績となります。
バックテストとデモ口座の乖離が少ないことから、リアルトレードでもバックテストと同じ様な成績が期待できます。
1分足のスキャルピング系EAということでトレード回数が多く、動かしていて面白いEAです。
バックテストとリアルトレードでの乖離が小さいことから実践向きのEAという結論に達しました。

スポンサーリンク

【FX】EA検証
まさやんをフォローする
まさやんの株 FX 経済指標とチャート分析
タイトルとURLをコピーしました