MT4 RSIの売られ過ぎ買われ過ぎを元に売買する逆張り型EA「GyakubariKingRSI_GBPUSD」フォワードテスト結果発表 (2021年7月~2022年6月まで)

【FX】EA検証
スポンサーリンク
Pythonプログラミング特集

今日は、ゴゴジャンで販売中のEA「GyakubariKingRSI_GBPUSD」のフォワード結果について検証したいと思います。

GyakubariKingRSI_GBPUSD - システムトレード - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle
1ポジション型EA。RSIとプライスアクションによる相場の反転ポイントを見極めて売買する逆張り系のデイトレEAです。

このEAの特徴は、マーケットが暴れる高ボラティリティ相場から、マーケットが安定している低ボラティリティ相場までフルでカバーするという点です。

つまり、レンジ相場とトレンド相場に関係なく利益を出し続けることが可能ということになります。

通常、オールマイティに稼げるEAには寿命があると言われています。

これは、長期間安定して勝てるEAほど多額の資金が集まるからにほかなりません。

EA開発者は誰しも長期間安定して稼ぐことを目的にEAを開発しています。

しかしながら、そのようなEAを開発したところで、使用する人が増えればロジックの優位性はすぐになくなってしまいます。

このEA「GyakubariKingRSI_GBPUSD」もRSIという比較的メジャーなテクニカル指標を使用していることから、勝てなくなる可能性は高いと思われます。

資産推移グラフ(オアンダのバックテストとゴゴジャンのフォワードテスト結果)
OANDA Japanのバックテスト結果(2021年6月から2022年6月まで)
外為ファイネストのデモ口座での運用成績(2021年7月から2022年6月まで)

実はこのEA、相場の相場の急変動に強いEAというわけではありません。
2021年7月からの収支は若干のプラスとなっていますが、マーケットが安定している時の方が好成績になります。

参考までにリーマンショック時の成績も載せます。

リーマンショック時のバックテスト結果

リーマンショック後の底打ちからアベノミクス相場を得てコロナショック前まで

安定相場 2010年1月~2019年12月まで

2020年1月~2022年6月まで(コロナ相場からインフレ相場)

2020年コロナ相場から2022年インフレ相場まで

■EAの特徴
・RSI下落かつ直近の安値付近でロングエントリー
・RSI上昇かつ直近の高値付近でショートエントリー
・レンジ相場が得意なEA
・アジアオセアニア時間、ロンドンタイム、ニューヨークタイムとすべての時間帯で優位性を確認
・15分足を使用して、反転したタイミングでエントリーする逆張り型のEA
・GBPUSD以外の通貨ペアでも動きます
・取引回数は年間で300~400回
・RSIの上限値・下限値は変更可能

国内FX会社のポンド/米ドルの平均スプレッドは0.8pips~1.5pipsです。
スプレッドが開いている時間帯に売買することもあるので、必ずスプレッドフィルターを設定してください。
週明け月曜日の早朝に著しくスプレッドが広がり、ストップ狩りに合う可能性があります。
週末クローズ設定を有効にすることでこれらの問題を回避できます。

実はこのEA、ポンドが一定方向に大きく動く相場は苦手としております。
そこでリスク分散という意味で、PerfectOrder_GBPJPYの様なポンド円のトレンドフォロー型のEAと同時稼働させることで収支を安定化させることができます。

PerfectOrder_GBPJPY - システムトレード - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle
1ポジション型EA。トレンド相場で大きく勝つ損小利大のEA。3本の移動平均線からパーフェクトオーダーを見極めて売買します。

PerfectOrder_GBPJPYは高ボラ相場に最適化されたEAとなります。

スポンサーリンク

【FX】EA検証
まさやんをフォローする
まさやんの株 FX 経済指標とチャート分析
タイトルとURLをコピーしました